外国人技能実習制度

ホーム > 外国人技能実習制度

外国人技能実習制度とは

技能実習制度とは、わが国が先進国としての役割を果たしつつ、国際社会との調和ある発展を図っていくために、日本の汎用技術を職場内訓練(OJT)により、実践的な技術、技能等の技術移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的とした制度です。
実習生は入国後、1年間の実習期間を経て、技能検定に合格した場合のみ技能実習生として、さらに2年間の在留期間が延長できます。合計3年間日本で実習することができます。

また、2017年11月1日施行の「技能実習法」により、優良な実習実施者や監理団体は、新たに2年間の在留期間の延長が可能となり、合計5年間の受け入れができるようになりました。
当組合は、2017年12月に一般監理団体(優良監理団体)として認定されました。

技能実習生受け入れメリット

技能実習により“技術を習得する"という強い目的意識を持った外国人技能実習生は、技術習得の意欲も旺盛で、意欲的な作業による大幅な効率UPに繋がるだけでなく、社員をはじめパート・アルバイトの方にまで良い刺激を与え、職場が活性化します。
外国人技能実習生は、日本の技術、技能を学ぷだけでなく、 日本の文化や日本語を学んで帰国しますので、国際友好に大きく貢献します。母国企業でのリーダーを育て技能支援・国際貢献することにより、現地法人との取引展開の可能性が広がります。
実習生の多くは自国にて、その業種についている人材が対象です。
また実習生の選抜は企業面接の前の段階で予定受け入れ人数の3倍以上の競争から、年齢・経験を考慮した上で選抜され、その後企業面接となります。
したがって、企業様は採用の自由度が非常に高いことになります。
外国人実習生は技術の修得に非常に熱心ですので、職場に明るさと活気を与え、社員の労働意欲の向上に貢献することもメリットのひとつです。
SJSの充実サポート体制

対象職種

  • 技能実習生受け入れの流れ
  • 受け入れ先企業様の声
  • 技能実習生よくあるご質問
外国人技能実習制度についてお気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちら